小ネタとかつぶやきとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

我が子負いて腰痛めり

気がつけばあっという間に年度末も目前となり、
楽器を弾く時間もなくなり、ましてやこのブログに書くネタさえ
あまり思いつかなくなってきている今日この頃です。こんばんは。

と忙しいふりをしつつ、合間を縫ってPS3のHDDを換装し、ついに40Gの呪縛から解き放たれて500Gと相成りました。
これで思う存分、栗山千明から映画をレンタルできるというものです。


それはさておき、今回はベースのケースについて。
どこかで以前に書いたような気もしますが、私はMooradianを使っています。
mooradian.jpg

画像の物は現行品ですが、私のは1世代前なのでポケット一つです。
Mooradianはとにかく軽くて、クッションも厚くて、ポケット大きくとても快適なんです。
他のメーカーのケースをほとんど使ったことがないので、きっちり比較しようもないのですが…
それというのも、買ってから10年くらい経っても全然壊れる気配が無いくらいの頑丈さなので、
買い替える必要が無いからなんですね。

学生時代は、ヘッド側のポケットには水道水を汲んだペットボトルを入れ、
大きいポケットには曲を採譜した五線譜と、ストラップとチューナー、そしてシールド一本を入れて
背中に背負って色んなところに行きました。

そういえば、今でこそ両肩で背負うタイプのソフトケースが主流になってますけど、
私が高校生くらいの時には方掛けの物がほとんどだったように思います。
両肩タイプはRitterが売れ始めてから広まったような気が。
その頃、方掛けに納得のいかなかった私は、無理矢理カバンについているストラップを足して
リュックの様に背負っていましたが、カブトムシみたいだとか揶揄されたものです。

ベースを複数持ち歩いてた頃に、2本入るダブルタイプも買いましたが、
間仕切りにもちゃんとクッション材が使われていて、これもなかなかいいものです。
ベースとギターを一本づつ入れて運ぶなんてことにも使えます。
ただし、一度6弦を2本入れて運びましたが見事に腰を痛めました。やめましょう。

最近になって、セミハードケースも少し使っているのですが、
こっちは日本に2桁数存在するかどうかあやしいくらいの代物なので紹介しません。
だって背負ってるとこ後ろから指さされてヒソヒソやられるのは嫌ですもの。


まあ何が言いたかったかって、Mooradianは高いけど長持ちするから迷ってるなら買っときな、
ってことです。
スポンサーサイト
  1. 2010/01/31(日) 21:33:53|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

編集後記

「POP STAR」が異常な伸びをみせていてとてもびっくりな今日この頃です。こんばんは。
おそらくニコニ広告の効果かと思いますが、宣伝してくださった平井堅さんありがとう。

本当はもっと歌に関して突っ込み入りまくるんだろうと思いきや、何故か概ね褒められているという。
おまいらの耳は節穴かもとい、褒められることは素直に嬉しいですが、勘違いしないよう気をつけます。

ちなみに動画内のコメントでも質問があったのですが、録音場所は自宅です。
PCを置いたこたつ机の前であぐらかいて歌ってます。
SHUREのBETA57Aをハンドマイクかつポップガード無し、おまけにゼロ距離で歌うという
ボーカル録りでやってはいけないこと大盛りな感じです。

それなりのテイク数を重ねて、良かった部分を切り貼りしてますが
聴きなおすとやっぱりピッチが悪いなーと。
AutoTune使ったり、ProToolsのピッチシフト使ったりで修正もできるんでしょうが、
ネタ部分にそんな力注いでどうなる、って話なので補正はEQとコンプのみ。

---
そして今回衝撃だったのは、いつも使っているコンプレッサーのプラグイン「Bomb Factory BF76」について。
このプラグインは「Urei 1176」というコンプレッサーをシミュレートしているのですが、
今まで使い方を思いっきり間違えていたということが発覚しました。

このプラグイン、見た目はこんな感じなんですが、
BombBF76.jpg

「ATTACK」と「RELEASE」の目盛りは時間の数値だと思っていたら、実は全く逆だったという。
普通、何も知らないで見たらそう思いますよね。ね?
ボーカルの音処理について色々と調べていたら、偶然にも「Urei 1176」の操作解説のページに行き当たり、
読んだ瞬間思わず「な!」と呟いてしばし固まりました。

私の機材知識が緩いこと丸出しじゃないかと。
それよりなにより今までの音って、コンプ薄めどころかほとんどかかってないに等しいじゃないかと…

---
さらに、先日のニコニコ動画のアップデートでプレミアム会員のビットレート制限が取っ払われたので、
今回の動画からエンコード時のビットレートをがっつり上げてます。
音声はそのままですが、動画については今までのおおよそ2倍のビットレートで、
デジカメで撮ったAVIのビットレート(1411kbps)そのままを維持するようにしてます。
サイズについてもアスペクト比さえ保てばいいらしいので、640×480のまんまです。

ちなみに元の動画のビットレートを超える値でエンコードするのって効果はあるんですかね?
誰か教えてえろい人。
もっともこれ以上ビットレート上げたところで、ファイルサイズが既定値オーバーするだろうし、
見ている人のPCスペックによってはカクカク動画になるんでしょうけども。

それよりもフレームレートを30fpsからもうちょっと上げたいのですが、
こればっかりは撮影機材の問題なので今後もきっとそのままです。
  1. 2010/01/11(月) 17:59:10|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

使命は君だけの



てなわけで新年一発目はこんな感じで。

なんとなく手持ちの曲を聴き返していたら、あれーこの曲ベースいいじゃないのよさ。
というわけで弾いてみました。
違和感?ああ、知りませんよ。そんなことは。

この曲、亀田師匠がプロデューサーをされているので、どこにも明記されていませんが
ベースの演奏も師匠がやっているのかもしれません。
音の運びとか、ゴシャッとコンプで潰した音とかなんとなくそれっぽいような…
外れていたら恥ずかしいので明言はしません。。

さておき、今回録音するにあたって初めてマイクの近接効果なるものを知りました。
マイクはBETA57Aを使っているので、これ思いっきり出るものなんですねえ。
高域の抜けなさにコンデンサマイクを買おうかとか、
ボーカロイドのひどさにAutoTuneを買おうかとか、
色々血迷いましたがちゃんと思い留まりましたとさ。

さてさて、明日からお仕事が始まりますので今日はここまで。
  1. 2010/01/05(火) 00:42:10|
  2. 演奏
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ブログ内検索


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

小ネタ (5)
つぶやき (53)
演奏 (33)
解説 (10)
お知らせ (10)
未分類 (0)

プロフィール

saltinbanco

Author:saltinbanco
しがないベース弾き

一言

納豆を覆っているビニールを、一粒もつかずにはがせた時はガッツポーズである


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。