小ネタとかつぶやきとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

似たり寄ったりすぎだろう

何ヶ月練習しても上手くならない曲ってあるものなんですね。
ギーギー言いながら時間だけが過ぎていきます。

というわけで、気分転換に俺様のオケ作り練習もといベース本体の音の違いを比べてみよう企画第2弾。
今回は少しおとなしめの音、かつ弦とフレットの上下をなるべくまんべんなく、をテーマに。

ちょっとボサっぽいアレンジ上で、前半はシンプルに、後半は手数多めに弾いています。
小節数が多いのでフレーズの細かいところはなんとなく違っていますが、気にしてくれるなということで。
曲の元ネタはコード進行で察してやってください。

---
Momose MJ2-STD/NJ
指板:ニューハカランダ
ボディ:アッシュ
ピックアップ:Lindy Fralin


YAMAHA BB-Limited
指板:ローズウッド
ボディ:アルダー
ピックアップ:YAMAHA(多分)


Fender Jazz Bass '78
指板:ローズウッド
ボディ:アッシュ
ピックアップ:Fender(多分)


PlayTech JB420
指板:ローズウッド
ボディ:ホワイトウッド
ピックアップ:知らん



---
やはりMomoseは安定してるなー、と思いつつ今回自分の中でしっくりきたのは何故かPlayTech。
平べったい音が逆にこういうのには合ってたりするのかなあ…

YAMAHAはちょっとおとなしすぎるし、Fenderだと自己主張強すぎるし。
もっとも他のパートをしっかり立てるという意味ではYAMAHAなんかは良いわけで、
編成が多くなって賑やかであればFenderの本領発揮だと思うのです。

今回は前回以上に差がわかりにくかったでしょうかね。
次回はその差が大きく出るであろうスラップを予定しています。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/25(日) 17:37:15|
  2. 演奏
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

audio-technica AT-PHA30i

某所にて紹介されていたのを見て、条件反射並の速さでポチっとしてしまったコレ。
ものすごく雑に紹介すると、iPod専用のヘッドフォンアンプ。以上。

audio-technica iPod専用ポータブルヘッドホンアンプ AT-PHA30i BKaudio-technica iPod専用ポータブルヘッドホンアンプ AT-PHA30i BK
(2009/12/18)
オーディオテクニカ

商品詳細を見る

その某所でレビューされていたので、こっちでもちょっと違った部分でレビューを書いてみようかと。

音については各所で書かれている通りのまんまでした。
低域がしっかり鳴るようになって、解像度が上がる。以上。
理屈的には通常のiPodのヘッドフォン出力に比べて上下とも帯域が広がったんじゃないかな、
と適当なことを言ってみる。

実際どのくらいの差があるかと言うと、これはイヤフォン・ヘッドフォンに大きく依存するかと。
音源の質の差がわからない再生装置だと、ブラインドで聴いたら違いがわかりません。
iPod付属のイヤフォンを使っているなら、あまり買う意味は無いと思います。


まあ、音質については結局のところ各個人の感覚なので多くは語らないとして、
その他の使い勝手などについて以下つらつらと。

見ての通り、Dockコネクタとリモコン部だけってな大きさなので電池を入れるスペースなどは無く、
電源は本体から供給されて動きます。
恐らく本体側のアンプも稼働しちゃっているので、その分電池の消耗は少し早いです。
そしてこれまた憶測なんですが、再生していなくてもDockコネクタを差しているだけで
電池を消費するっぽいので、使わない時は抜いておくと良いようです。
取扱説明書にも電池云々とは書いてありませんが、抜けとわざわざ書いてあります。

リモコン部のボタンでは「再生・一時停止」「頭出し」「音量増減」ができます。
再生と頭出しはiPod本体のボタンそれぞれと一緒で、再生を長押しすれば電源が切れるし、
頭出しを長押しすれば巻戻し先送りができます。
音量調節は本体操作に比べて大雑把に増減しますが、使う分には問題ない幅で動きます。


基本的には値段や能力からして、とても称賛したい商品なのですが、
やはりちょっと不満な点もいくつかあるのでそれを挙げておくとします。

・iTunesでの曲毎の音量設定が効かない
色々なアルバムから曲を選んでプレイリストを作っていたりすると、
元音源のレベルの違いやコンプのかかり方の差で、聴感上も含めて曲毎に音量はばらつきがあります。

そこで私はiTunesで再生レベルを設定していたのですが、こいつを通すとそれが完全に無視されます。
というかiTunes上でのレベル設定はiPodの通常アンプ側のレベル設定ってことなんでしょうね。
もっとも、この商品はリモコンがあるので再生しつつの音量調整もそんなに苦ではないんですが、
できればいちいち操作したくなかったところです。
Perfumeの後に70年代歌謡曲とかが来ると、音ちっさ!ってことになったりします。
逆もまた然り。


・電源オフはできるけど電源オンはできない
再生ボタン長押しで電源オフにできるのは上で書いた通りなのですが、
完全にiPodが落ちている場合、リモコンでいくら長押しなど操作してもiPodは起きてくれません。

どうもiPodは電源オフにしてからの状態が2段階あるようで、
電源を切った直後はスリープの様な状態らしく、その間はリモコン操作で目を覚ましてくれるのですが
オフから数時間(1時間くらい?)経つとノンレム睡眠に入るようで、リモコンに全く反応しなくなります。
一応Dockコネクタを一回抜き差しすることで反応するようになりますが、ちょっとこれも不便だったり。


・ケーブルが長くなる
これはまあ当たり前の話なので文句を言ったところでどうにかなるわけでもなし。
こんなのとかこんなのとか使えばいいのかなと思ってます。
使ってませんけどね…
  1. 2010/04/25(日) 01:07:44|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

似たり寄ったり

さて、久しぶりにまた某ベースマガジン的企画。
今回はベース本体の音の違いを試してみようのコーナーです。

同じ弾き手、同じ伴奏、同じフレーズ、同じ環境でベースによって
どれくらい音が変わるんかいな、と。
つまり、お前はそんなに何本も楽器を持ってるけれども、
それってどんだけ意味があることなんじゃい、という自虐のコーナーでもあります。

曲はMEN'S5の「おしゃれブリーフ」もとい、CHICの「Le Freak」で。
ドラムパターンのみだといまいちかなと思ったので、少し余分な音も足してあります。

ベースはジャズベタイプのみで4種類。
ジャズベだけで4本も持ってるなんてバカっぽいなと自分で思ってしまったわけで。
弦は全てR.Coccoのニッケルですが、死に具合はそれぞれちょっと違います。

---
まずはいつものMomose MJ2-STD/NJ
指板:ニューハカランダ
ボディ:アッシュ
ピックアップ:Lindy Fralin


お次はYAMAHA BB-Limited
指板:ローズウッド
ボディ:アルダー
ピックアップ:YAMAHA(多分)


そしてFender Jazz Bass '78
指板:ローズウッド
ボディ:アッシュ
ピックアップ:Fender(多分)


最後のオチはPlayTech JB420
指板:知らん
ボディ:知らん
ピックアップ:知らん



---
結局、何がわかったかって言うと、弾き手が一緒だと大差無いね!ってことです。以上。
いや、、それはどうかと思うので、細かく思ったことを。

この曲だと、弾いていて一番気持ちいいのはYAMAHAでした。
4本の内では一番弦が死んでいて、それを含めて中域主体の良い意味でレンジの少し狭い音が
しっくりきてたってことなんでしょうかね。

Fenderは暴れん坊将軍て感じですかね。
ゴリっとした低域が出るのは気持ちいいんですけど、
音が重いのと同時に楽器自体も重いんで困りものです。

それに比べてMomoseは下が弱い気もするのですが、
相対的に高域が綺麗に抜けているせいなので、聴き比べるとこんなもんかなと思います。
改めて弾きやすい楽器だなあと思った次第で。

そしてPlayTech。
他の楽器に比べて、意外に遜色ないのが腹立つというかなんというか…
ペグが固い、くらいしか文句が言えなかったりします。

---
もうちょっと他のバリエーションもやってみたかったんですけど、
お時間がやってきてしまったようなので、またの機会にということで今日はここまで。
  1. 2010/04/18(日) 02:19:09|
  2. 演奏
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

カチカチ指運動

てなわけでライブも無事終了いたしました。
来ていただいた方、ありがとうございました。心から。

セットリストは前回から1曲のみの差し替えだったので、
各曲ちょっとだけ進歩したかなー、というところでしたが
何故か今回、出だし指が固まってしまい最初数曲はガタガタでした。
この歳になって今更緊張するとはね…

ともかくやはり課題は指弾きとスラップの音量差であると再認識。
私の場合、とにかくスラップで音量ががっくり落ちるのでそれをなんとかせにゃいかんなと。
やっぱりまだまだ奏法の改善が必要なんだろうか。
プリアンプ踏むにしても高速で指弾きとスラップと入れ替わる曲だとめんどくさいなあとか、
スラップの音色基準でステンレス弦を張るのもいかがなもんかと。
悩み多き30歳。

そして今回また頂き物を。
SBSH0223.jpg

完全にネタ勝負だよ!
いや別に普通でいいんですよ普通で。普通の蟹とかで。
とはいえありがたくオカズにさせていただきます。ご飯のね。

ちなみにライブハウスからまた次回のお誘いをいただきました。
大人の事情が挟まらなければ7/18(日)を予定しております。
詳細は追って沙汰、ということで。
あ、とっととバンドのHP作んなきゃ…
  1. 2010/04/04(日) 12:29:24|
  2. つぶやき
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

お抱え運転手待ち

以前に告知したように本日はライブでございます。
詳細はコチラ

置き券を申し込んでくれた人はもちろん、当日券でもチケット代が数百円上がりますが入れます。
今回はあまり置き券の数が出ていないので、いきなりフラッと来ても余裕があります。
べっ、別に前回よりお客さんが少なそうだから頼んでるわけじゃないんだからね!
いや、違います是非来てください…

一応、今日のライブで使う機材を事前宣言。
いつものMomose → AVALON U5 → Aguilar DB750 → Ampeg 10インチ8発
U5からはアクティブでDB750へ送って、卓へはU5から送ります。
前回は足元に色々置きすぎて集中できなかった感があるので、足元は何もなしです。

そして、弦をちょっと変えてみました。
今まで3,4弦のゲージは0.085と0.105だったんですが、ちょっと落として0.080、0.100に。
まあここらへんは出音がどうこうというよりも、弾いている本人の気分の問題ですね。

さーて、髭でも剃るか…
  1. 2010/04/03(土) 12:56:25|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ブログ内検索


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

小ネタ (5)
つぶやき (53)
演奏 (33)
解説 (10)
お知らせ (10)
未分類 (0)

プロフィール

saltinbanco

Author:saltinbanco
しがないベース弾き

一言

納豆を覆っているビニールを、一粒もつかずにはがせた時はガッツポーズである


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。