小ネタとかつぶやきとか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

演奏動画ができるまで(その4)

さて、ダラダラと続けてきた動画作成解説も今回で一応最後になります。
と、今この枕を書いている時点では終わらせるつもり。

---
録画と録音が終わった後は、まずはミックスから着手します。
ここでやることがミックスと言えるかどうかはちょっと謎ですが、
元曲のベース音を削って、自分の演奏した音をバランスよくのせてやります。

ここで一番念入りに調整するのはイコライザでしょうか。
「Catch You Catch Me」の場合はこんな感じです。

元曲のEQ設定
audio_eq.jpg

ベースのEQ設定
bass_eq.jpg

ベースの音はそのままだと全帯域が出過ぎて、前に出すには音量を必要以上に上げないといけません。
見てわかる通り、聴かせたい帯域以外は結構バッサリ切り落としています。
特に100Hz以下は、このくらい落としてやることで聴感上の音の太さが増す不思議。

後はコンプを少しかけて、双方の音量バランスをとってやれば完了です。
ただし、この辺りの作業はその時の気分や体調にものすごく左右されるので、
私が今まで作ってきたものを聴き比べるとわかりますが、
元曲との音量バランスなんかは特にマチマチです。
最近はなんでか、どんどん自分のベースの音量を小さくする傾向にあります。

---
音をバウンスしてWAVファイルにして出力したら、お次は動画と音声の合体です。
動画のクロマキー合成なんかをやる時は、Uleadの「Video Studio 12」を使うのですが、
ただ動画と音声をくっつけるだけの時は「trakAxPc」を使っています。

trakAxPcはフリーソフトですし、タイムラインの細かい微調整がWindowsムービーなんちゃらよりもしやすく、
フェードアウトなんかの簡単なエフェクトもかけられるので重宝しています。
「LOVEさりげなく」でやったような編集も全部これ一本でできます。

デジカメで撮ったAVIファイルと、ミックスしたWAVファイルを読み込んだら、動画側の音声トラックを削除して
後はプレビューを見ながらこちこちと位置合わせをしていきます。
動作させるPCの能力にも依存するとは思いますが、trakAxPcのプレビューは比較的信用できるので
まずはそこできっちり音ズレが無いようにします。

ここから更に、音ズレを無くすコツとしてやっている作業があります。
この状態で、指の動きと音の確認がしやすい部分を10秒程切り出してAVI出力させて、
先にその10秒の動画をエンコードしてしまうのです。
そしてFLVを再生できるプレイヤーで再生してみて、ズレを直してまた10秒エンコードして、と何回か繰り返します。

FLVへのエンコードであまりにひどい音ズレが起こった経験は無いのですが、
AVIで確認するよりもこちらの方がきっちりと調整できるように思います。
人によっては些細なことと思うかもしれませんが、音が動画とずれている演奏動画は演奏が上手くても
下手に見えてしまうような気がするので、ここはサボらず時間をかけているのです。

そして最後は無圧縮のAVIで出力して動画と音声の混ぜは終了です。
出来上がるファイルは数GBなのでびっくりです。

---
音ズレ修正でも既にやっていますが、ここからエンコードの本番です。
以前にMP4も試してみましたが、エコノミーでひどいことになるとのご意見をいただいたので私は未だにFLVです。

AviUtilも試してはみたのですが、mencoderを直接起動させるバッチを使ってエンコードしています。
どこからか拾ってきた2passエンコードできるバッチファイルに手を加えていて、今のところ以下の感じです。
GUIを使ってエンコードしている人には全く参考になりませんな。

元々のバッチファイルには音声のビットレート指定を入力する箇所があったのですが、
いつも320kbps固定で、いちいち指定するのも面倒なのでプリセット値を「insane」にして省いています。

@echo off
set PATH=%~dp0\codecs;%PATH%
cd /d %~dp0

echo -------------------------------
echo "%~1"のエンコードを開始します。
echo -------------------------------

REM 設定ダイアログ呼び出し
echo 1パス目の設定
echo.
vfw2menc.exe -d vp6vfw.dll -f VP62 -s 1stpass.mcf
echo 2パス目の設定
echo.
vfw2menc.exe -d vp6vfw.dll -f VP62 -s 2ndpass.mcf

REM ビデオフォーマット設定(出力拡張子で自動的に確定)
set FORMAT=-of lavf
set FOPT=-lavfopts format=flv

REM 一応入力側の名前に合わせてみる
set OUTPUT=-o "%~dpn1_menc.flv"
set INPUT="%~1"

REM ビデオコーデック設定
set VCODEC=-ovc vfw

REM 音声コーデック設定
set ACODEC=-oac mp3lame
set ACOPT=-lameopts aq=0:ratio=1:preset=insane

REM その他フィルタオプション
set EXTOPT=-vf flip,scale=512:384:::3 -sws 9 -af resample=44100

REM 2pass用
set VCOPT=-xvfwopts codec=vp6vfw.dll:compdata=1stpass.mcf
mencoder %FORMAT% %FOPT% %VCODEC% %VCOPT% %ACODEC% %ACOPT% %EXTOPT% %OUTPUT% %INPUT%
set VCOPT=-xvfwopts codec=vp6vfw.dll:compdata=2ndpass.mcf
mencoder %FORMAT% %FOPT% %VCODEC% %VCOPT% %ACODEC% %ACOPT% %EXTOPT% %OUTPUT% %INPUT%
echo.
pause>nul
exit


元々セットで入っていたvp6vfw.dllは少しバージョンが古かったようなので最新のものを探してきましたが、
おかげで少しだけエンコードが早くなった気がします。
一応今使っているバージョンは6.4.2.0です。

そういえば先日のニコニコ動画のバージョンアップでプレミアムはビットレート無制限になったようですね。
次回からどうしようかと色々悩み中です。
極端にビットレート上げすぎても再生が重くなるだけだし、
そもそも私の動画なんて高画質である意味はあまり無いのでは…

エンコードの作業自体は動かしたら後はひたすら待つだけなので、
その間お風呂に入ったり、洗い忘れたお皿を洗ってみたり、AKB48でチーム俺を作るなら誰を選ぶか考えたりします。
動画のタイトルや投稿者コメントなんかも考えてエディタで予め書いておいて、
だいたい1,2時間程でエンコードが終わります。

---
これで編集関係の作業は全部おしまいです。
後はアップロードをして、「ベース」と歌手や元作品の名前のタグだけつけて放流です。

コメントは結構気になるので、ほとんど目を通しているのですが
やっぱり自分が狙っていたことに対してのコメントが一番嬉しいですね。
「Catch You Catch Me」へのコメントで私的優勝は「\ゴキッ/」です。

かくいう自分はあまり人の動画にコメントを書きません。
どちらかというとタグをつける方が好きで、くだらないタグを思いつきで付けています。
実は演奏してみたのベーシストの方で、私のつけたタグを名前として活動している人がいたり。
変なタグつけてごめんなさい。


---
というわけで意地で終わらせた感のある動画作成解説はとりあえずここまでです。
自分で書いてみて、改めてめんどくさいことやってんな、と。
これを週一で半年やってたって、どれだけ暇だったんだよ、と。

そういえばふと思ったのですが、私は自分の話ばっかりブログに書いていて、
気に入った動画の話とか書いたことないなーと。
と次回への前フリも済ませたところで今日はここまで。
  1. 2009/12/05(土) 23:18:52|
  2. 解説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<指が折れたら、心は折れる | ホーム | ひとまず>>

コメント

お疲れさまです

この辺の設定はこだわってるかそうでないかで全然違いますよね。
特に演奏動画は作り込む人と無頓着な人でハッキリ分かれやすいですし。
ニコニコはライン録りが主流なんでまだアレですけど、つべなんかじゃ何やってんだかわかんない人も多いですからね。笑
  1. 2009/12/06(日) 09:45:30 |
  2. URL |
  3. hiyokodamono #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ごめんなさい

 機会関係に明るくない私は、話しについて行けない所があり、ただ解ったのは「エンコードの説明は大変そうだな・・・」という事でした。
  1. 2009/12/06(日) 18:52:10 |
  2. URL |
  3. saya #-
  4. [ 編集]

>特に100Hz以下は、このくらい落としてやることで聴感上の音の太さが増す不思議。

ホントですか!?
100Hzっていうと1弦の解放弦ぐらいですね。
どういう効果なのか興味がわきます。

  1. 2009/12/06(日) 22:58:45 |
  2. URL |
  3. じゃんぼ #-
  4. [ 編集]

>hiyokodamonoさん
無駄に手をかけてしまう私から見ると、なんでそんなに無頓着なんだろうと
思う動画は結構ありますね。
音ズレしてるって自分で書くくらいなら直せばいいのになー、
もったいないなー、ってよく思いますw

>sayaさん
今回の話は、読む人を置き去りにすること前提な内容なので
あやまられても困ってしまいますw

>じゃんぼさん
楽器の音は倍音が多いので、音程そのものと密な関係は無いと思いますよ。

太いって言葉は語弊があったかもしれないですね。
抜けてくる分、存在感が増すと言う方が正しいかもです。
後は、単純に私のK240の特性なだけかもしれませんし。
じゃんぼさんならご自分で試されるのが一番早いのでは?
  1. 2009/12/06(日) 23:16:39 |
  2. URL |
  3. サルちんバンこ #ehuBx04E
  4. [ 編集]

mencoderのパッチ持ってるのですが当方とは微妙に違う様子。音ズレない秘訣はこのあたりですな。

最近異常に高画質なのがありますが特にストレスなく見る事が出来るのでビットレート上げるのはアリと思います(・ิ❣・ิ)ノ 
  1. 2009/12/07(月) 04:03:09 |
  2. URL |
  3. ど素人 #-
  4. [ 編集]

いやはや、演奏動画ひとつ投稿するのも大変な手間がかかっているのですねー

こういう製作過程をみるとありがたみが増す気がしますねー
  1. 2009/12/07(月) 18:25:51 |
  2. URL |
  3. かなむ #-
  4. [ 編集]

>ど素人さん
私がいじってる部分はあんまり音ズレとは関係ないところですw
ズレを無くすのはやっぱり労力の問題だと思いますよ。

おそらく演奏動画の場合、良いのは綺麗さよりも秒間コマ数の多さだと思うんですよね。
私の仮面とかいけてない服装が綺麗に映ってても、誰も嬉しくないじゃないですかw

>かなむさん
手間かけて仕上げて、一番喜んでいるのは私自身だったりします。
むしろ、何の得にもならないことに手間暇かけてるバカがいるぜ!
と笑っていただく方が妥当かとw
  1. 2009/12/08(火) 00:58:54 |
  2. URL |
  3. サルちんバンこ #ehuBx04E
  4. [ 編集]

ラブレターです

はじめまして。いつも楽しく動画拝見させていただいております。

私はリアルにおじさんなのでサルちんバンこ様のイカした選曲が
ずっぽしツボにはまったりした挙げ句、台所で夕飯を作っている愚妻に
「ほれほれ、見てみ、この人」とか言いつつ貴殿の動画を無理矢理
見せたり聴かせたりして眉をひそめられておる次第です。

うちの幼く猿のような娘達も「お月さまの人」の動画は好評です。
上の娘は「いま地球が目覚める」の画面右下部分、
下の娘はNapalmDeathの「Scum」がお気に入りのよう。


なるほどクオリティの高い動画の舞台裏には作者にしかわからない
諸々の業が隠されておるのですね。

そしてそこに抑えきれない何やらが滲みだしたりポロリしちゃったり
そんなのが作品のえもしれぬ味わいとして醸されると。

というかサルちんバンこ様は大変基礎がしっかりされておりますね。
何ごともしっかりとしたバックボーンがあってこそ
表現したいものも伝えられようというもの。

海月のような私にはとてもとても・・・
  1. 2010/03/20(土) 19:00:24 |
  2. URL |
  3. おトーさん #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

>おトーさん
娘さん達はなかなか良いセンスをお持ちのようでw

舞台裏は凝ろうとすればきりがないですけど、
手を抜こうとすればいくらでも、ですね。
それでも無駄な労力って楽しいんですよ。
  1. 2010/03/28(日) 21:13:20 |
  2. URL |
  3. サルちんバンこ #ehuBx04E
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://saltinbancoo.blog33.fc2.com/tb.php/117-eb1629a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブログ内検索


最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

小ネタ (5)
つぶやき (53)
演奏 (33)
解説 (10)
お知らせ (10)
未分類 (0)

プロフィール

saltinbanco

Author:saltinbanco
しがないベース弾き

一言

納豆を覆っているビニールを、一粒もつかずにはがせた時はガッツポーズである


QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。